歯の根(神経)の治療について

「根管治療」は歯を長期間残すために重要な治療です。

歯の神経や血管など(歯髄)が通っている根っこのような管を根管といいます。

むし歯が歯髄まで進行(C3以上)した場合や、根の病気になってしまった場合に「根管治療」が必要になります。

根管治療とは

細菌によって汚染された根の中を針金のようなやすり(ファイル)でこすり落として歯髄を除去し、根管内の洗浄・消毒を行い、根管内の痛みや炎症などを抑える治療です。
根管治療後は根管に薬剤をつめ、そこにかぶせ物やつめ物をすることで、歯の機能を再び取り戻します。

治療期間について

根管治療は歯の根っこの部分の治療のため、大変細かい作業と時間がかかります。
早い方は数回で終了しますが、歯の形状や症状の度合いによっては数ヶ月、またはそれ以上かかることもあります。

根管治療の流れ

根管治療の流れ

感染部分の除去

根管治療用の器具を使って、感染している歯質や残っている歯髄・薬剤などを除去します。

STEP
1

洗浄・消毒

薬剤を使用して洗浄・消毒を行い、症状に合わせた薬をつめます。

STEP
2

根幹充填

根管治療後、痛みや炎症などの症状が落ち着いたら、根管内への細菌侵入を防ぐために専用の薬剤で根管を埋める「根管充填」という治療を行います。

STEP
3

かぶせ物やつめ物の治療

根管充填後、かぶせ物やつめ物を装着するための治療へと進みます。

STEP
4

診療のご予約はこちら

「歯が痛い・しみる」「血が出る」など、お口のことで気になることがあれば、
浜松市浜北区の歯医者「浜松デンタルクリニック」にご相談ください。
当院では患者様のお悩みを丁寧にお聞きし、一人ひとりに合った治療プランをご提案いたします。